お菓子レシピ
パンレシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
基本のバニラシフォンケーキとアレンジシフォン3種

基本のバニラシフォンケーキとアレンジシフォン3種

  • 中級中級

(アルミシフォン型17cm 1台分)

メレンゲがポイントのシフォンケーキ。基本のバニラがうまく焼けたら、アレンジシフォンケーキにもチャレンジしてくださいね!

  • 印刷する
  • メールで送る
さじグラム換算表

材料

★基本のバニラシフォンケーキ
卵黄
45g(約3個)
 製菓用特細目グラニュー糖(卵黄用)
20g
サラダ油
30g
牛乳
45ml
 cuocaバニラオイル
4~5滴
 製菓用薄力粉ソフィーチェ
75g
卵白
130g(約4個弱)
 特細目グラニュー糖(卵白用)
45g
★「抹茶シフォン」なら以下の材料をプラス(※バニラオイルは使用しません)
 京都宇治抹茶パウダー
大さじ2(7g)
 製菓用特細目グラニュー糖
10g
牛乳 
大さじ1(15ml)
★「キャラメルシフォン」なら以下の材料をプラス
キャラメルクリーム
30g
★「ローズシフォン」なら以下の材料をプラス(※バニラオイルは使用しません)
 cuoca天然食用色素(赤)
付属のスプーンで山盛り約10杯
 MONINローズシロップ ※基本のレシピの牛乳と置き換える。
45ml
S&Wアプリコットハーフ4号缶 
130g

道具

cuocaアルミシフォンケーキ型(継ぎ目なし)17cm
このレシピの材料を
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。


作り方

 
1.準備をする。オーブンを170℃に予熱する/サラダ油、牛乳は人肌程度に温める/卵白は冷蔵庫で冷やしておく/薄力粉をふるう 2.ボウルに卵黄を入れてホイッパーで軽くほぐし、グラニュー糖を加え白っぽくなるまでしっかりすり混ぜる。 3.サラダ油を加えながらよく混ぜる。
 
4.牛乳とバニラオイルを加え、よく混ぜる。 5.ふるっておいた粉を加え、しっかりと混ぜる。 6.卵白をホイッパーでほぐし、コシを切る。全体が均一な状態になれば、空気を含ませるように泡立てていく。
 
7.卵白が空気を含んで白っぽくなってきたら、グラニュー糖の1/3を加えてさらに泡立てていく。 8.残りのグラニュー糖を2回に分けて加えながら泡立て、柔らかいつのが立つくらいのメレンゲを作る。
※メレンゲの状態は大事なポイント。泡立て方が足りないと生地が膨らまず、泡立てすぎるとぼそぼそになり、卵黄生地とうまくなじまなくなります。
9.卵黄生地にメレンゲの1/3量を加え、ホイッパーで混ぜなじませる。
 
10.残りのメレンゲをいったんホイッパーで混ぜてなめらかな状態にしてから8に加え、ゴムべら(シリコンプロクリーナー)に持ち替えてさっくりと混ぜる。 11.メレンゲのかたまりが残っていないか確認して、シフォンケーキ型に流し入れる。とぎれとぎれに少しずつ入れると空気を抱き込みやすいので、一気に流し入れる。 12.型に流した生地に、ゴムべら(シリコンプロクリーナー)を4~5カ所さす。
※型に流した時にできる空気の穴をなくすためです。
 
13.中心の突起を両手親指で押さえ、残りの指は型本体をしっかりと持ち、型の底を台に軽く3・4回叩き付け、空気を抜く。
※布巾を敷くと、型や台を傷つけることがありません。
14.生地を平らにならし、予熱しておいたオーブンで約35分焼成する。 15.焼き上がったら、型を逆さにして完全に冷ます。
 
16.シフォンケーキナイフを使って型からはずす。ナイフがしなって型に沿うように力を加え、型の周り、円筒部分を一周させる。
底の部分も同様にナイフを差し入れ、一周させて型をはずす。
17.■アレンジ1「抹茶シフォン」  
抹茶パウダーとグラニュー糖とよく混ぜ、牛乳を加え混ぜる。あればミニホイッパーなどでしっかり混ぜるとだまになりにくい。
だまになった場合は茶こし(シュガーストレーナー)でこし、工程2の卵黄とグラニュー糖を混ぜた後に加え混ぜる。※このアレンジの場合、バニラオイルは使用しません。
18.■アレンジ2「キャラメルシフォン」  
キャラメルクリームは冷たいと混ざりにくいので、常温にもどしておく。
工程1の卵黄とグラニュー糖を混ぜた後に加え混ぜる。
 
19.■アレンジ3「ローズシフォン」 
天然色素は少量の水で溶き、卵黄に混ぜる。 
ローズシロップは基本のレシピの牛乳と置き換える。
アプリコットはキッチンペーパーなどで水気をとって5mm角にカット、
工程5で粉が混ざってから、加え混ぜる。※このアレンジの場合、バニラオイルは使用しません。
20.★レシピ通りにきちんとできれば、ふんわりシフォンができますが、初心者さんならメレンゲを安定させるために「クリームタータ」や「乾燥卵白」を使っても。使い方は簡単。クリームタータは小さじ1/4、乾燥卵白なら大さじ1と小さじ1(6g)どちらか片方を卵白用のグラニュー糖によく混ぜて、あとは通常通りにメレンゲを作るだけ。 21.★「紙製ミニシフォン型10.5cm」(3台分)/「アルミシフォン型10cm」(2台分)を使用する時は紹介しているレシピ(アルミシフォン型17cm)の半量で作るとちょうどピッタリの仕上がりになります。紙製シフォン型を使う場合はアルミシフォン型を使う場合に比べて、生地を少なめに(7分目)程度にするときれいに焼き上がります。
 

クオカがおすすめする材料・道具など

材料

リ・ファリーヌ1kg
リ・ファリーヌ1kg
cuocaアールグレイオイル30ml
cuocaアールグレイオイル30ml
 

道具・ラッピング

シフォンケーキナイフ
シフォンケーキナイフ
 
チェックした商品を
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。

 
パンレシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
Facebook twitter mixi

新着特集

  • new
    バレンタインレシピ集2017

    プロのパティシエが作ったバレンタインレシピ全100種類をご紹介します。

  • new
    バレンタイン アイシングクッキーの簡単な作り方&デザイン集

    プレゼントスイーツとしても人気のアイシングクッキーは、今年もバレンタインのトレンドのひとつ。作ってみたいけれど、時間がかかりそう、難しそう…と躊躇しないで!

人気特集ランキング

  • nbsp;
    ヨーロッパのお菓子レシピ21選

    フランスを中心に、ヨーロッパ各地には魅力的なお菓子がたくさんあります。多種多様なレシピの中には、その土地ならではの特長や歴史的な特色があるものも。

  • nbsp;
    パウンドケーキの失敗しない作り方

    目指すは、口どけが良くしっとりした食感と、こんもり膨らんだかわいらしいフォルム!

  • nbsp;
    冬のパンレシピまとめ18選

    冬に食べたくなるあつあつがおいしいパンやほっこり和素材を使ったパン、寒い時期にもおすすめのドライフルーツやスパイスの効いたパンレシピをご紹介します。

  • nbsp;
    シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ

    基本レシピのポイントをおさえながら、シフォンケーキ作り成功のコツを分かりやすくご紹介します。

  • nbsp;
    ガレット・デ・ロワの楽しみ方

    近年、日本でも知られてきたガレット・デ・ロワは、フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子です。

  • nbsp;
    憧れのMatfer型で作る 秋の実りのパウンドケーキ

    シャープで高さのある美しい姿と、外は香ばしく中はふんわりしっとりの焼き上がりに、きっと感動するはず!

  • nbsp;
    基本のモンブランの作り方-動画で学ぶ絞り方のコツ

    基本の作り方のポイントを分かりやすくご紹介。また、絞り方のコツも動画でお教えします。

  • nbsp;
    これぞ決定版レシピ 基本のベーグル

    初心者さんでも簡単に作れるベーグルのきほんの作り方からアレンジ方法、強力粉の選び方までご紹介します!

  • nbsp;
    本格タルトの作り方-失敗しない!基本とコツ?

    成功するための基本の作り方と、失敗しないためのコツをご紹介します。

  • nbsp;
    知りたい!ゼラチン・アガー・寒天の違い

    暑い時期に大活躍のゼラチン・アガー・寒天の違いや固まる温度など詳しくご紹介します。

  • nbsp;
    はじめてでも簡単!「成形パン」と「型焼きパン」の基本レシピ

    手ごねはハードルが高いけれど、成形してみたい、型で焼いてみたい方におすすめのレシピ

お得な情報

  • アウトレット

ページトップへ戻る