パンレシピ
お菓子レシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
フレッシュベリーデニッシュ

フレッシュベリーデニッシュ

  • 260分
  • 上級上級

※ひと晩休ませる時間は含みません

ブーランジェリーでも目をひくフルーツのデニッシュ。
バターを折り込んで作るデニッシュ生地は少し手間がかかりますが、作りがいのあるレシピです。
黄金色の美しい層につやつやのフルーツ。さっくりジューシーなおいしさ。食べるのがもったいないけど、食べないのはもっともったいない!
お好みのフルーツでお楽しみくださいね。

【その他のデニッシュレシピ】
オレンジデニッシュ
パン・オ・ショコラ

よつ葉フレッシュバター(食塩不使用)450g
よつ葉フレッシュバター(食塩不使用)450g  928円(税込)
北海道の良質な生乳から作られた、よつ葉乳業の無塩バター。お菓子・パン作りに欠かせない食塩不使用タイプです。バタークリームなどの生菓子用としてはもちろん、焼き菓子やパン用にもお使いいただけます。ミルクそのもののようなまろやかな香りと、なめらかな口当たりをお楽しみください。
  • 印刷する
  • メールで送る
さじグラム換算表

材料

10個分
生地
 フランスパン用準強力粉リスドォルまたはソレドォル
250g
 きび砂糖
25g
 ゲランドの塩(顆粒)
5g
 北海道産脱脂粉乳(スキムミルク)
8g
全卵
25g
水(10〜15℃)
110ml
 safインスタントドライイースト(赤)
4g
 よつ葉フレッシュバター(食塩不使用)
20g
折り込み用
よつ葉フレッシュバター(食塩不使用)
120g
仕上げ用
溶き卵(塗り用)
適量
 カスタードクリーム(アッシュカスター・プレーン)
適量
ブルーベリー
約50g
フランボワーズ
約30g
 ナパージュ(アプリコット)
30g
8ml
セルフィーユ
適量

道具

 cuocaオリジナルペストリーボード(L)
 cuocaオリジナルめん棒(M)
このレシピの材料を
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。


作り方

 
1.【準備】
・折り込み用のバター120gを1cmの厚さに切ってラップで包み、めん棒で叩いて柔らかくしたら、ラップの上からめん棒をかけて1辺15cmの正方形に伸ばし、冷蔵庫に入れておく。
※使う直前に取り出し、少し曲がるくらいの柔らかさにして生地に折り込みます。
・焼成のタイミングに合わせてオーブンを210℃に温めておく(予熱)。
・仕上げ用のナパージュは水と合わせて温めておく。
・ブルーベリーとフランボワーズは洗って水気を切っておく。
2.パン生地を作る。
ボウルに強力粉からイーストまでを入れ、混ぜる。粉気がなくなったらバターも入れて混ぜる。生地がひとまとまりになったら、ペストリーボードの上で2分くらい軽くこねる。なんとなくまとまればできあがり。表面がザラザラしている状態でOK。
3.生地をボウルに戻し、ラップをかけて25℃くらいの室温で20分発酵させる。
バットに生地を移し、上から手で押さえてガスを抜き、15cmくらいの正方形にする。
生地にぴったりとラップをかけて冷蔵庫でひと晩(8〜16時間)休ませる。
 
4.バターを折り込む。
打ち粉(分量外)をふったペストリーボードに生地を取り出し、めん棒で一辺22cmの正方形に伸ばす。
5.シート状にしたバターを生地の対角線に対して垂直に乗せる。まわりの生地を中央に向けて折りたたみ、つなぎめをしっかりくっつける。めん棒で上から軽く押さえて生地とバターをなじませる。 6.(5)をめん棒で20×45cmの縦長の長方形に伸ばし、向こう側と手前から折って三つ折りにする。
ラップに包んでバットに入れ、冷蔵庫で30分休ませる。
※バターが溶けないうちに、手早く折り込みましょう。
※生地が柔らかくなりすぎたときは、最初の10分を冷凍庫に入れてください。
step7 step8 step9
7.打ち粉をふったペストリーボードの上に生地を取り出し、90度向きを変えて20×45cmに伸ばして三つ折りにし、冷蔵庫で30分休ませる(2回目)。
同じようにもう一度三つ折りし、冷蔵庫で30分休ませる(3回目)。
8.成形する。
打ち粉をふったペストリーボードの上に生地を取り出し、20×50cmより少し大きめの縦長の長方形に伸ばす。包丁(あればピザカッターがおすすめです)で周り5mmくらいを切り落とす(断面の層をきれいに見せるため)。包丁で一辺10cmの正方形10個に切り分ける。
9.生地を三角形に折り、二辺の端から1cmのところにハサミで切り込みを入れる。
step10 step11 step12
10.生地を開き、切り込みを入れた部分に刷毛で卵を塗る。 11.卵を塗った端を対角線上の端にくっつけ、もう片方も同じように対角線上にくっつける。 12.オーブンシートを敷いた天板に乗せ、28℃の場所で40〜50分発酵させる。
※バターが溶け出すので28℃以上にならないように気をつけてください。
 
13.刷毛で表面に溶き卵を薄く塗る。
※断面の部分にはなるべく塗らないようにしてください。
中央にカスタードをのせる。
14.210℃に予熱したオーブンで15分焼成する。
※途中で焼き色をみて温度を落としてください。
焼き上がったら網などにとって冷ます。
15.ブルーベリーとフランボワーズをのせて、水と合わせてあたためたナパージュを刷毛で表面に塗る。お好みでカスタードを絞ったりセルフィーユ(チャービル)などで飾って、できあがり。
 
折り込みのコツ

バターを折り込むときは、バターが溶けないうちになるべく手早く折り込みましょう。
打ち粉を上手に使うと伸ばしやすくなります。
三つ折りや成形のときにはよけいな打ち粉を刷毛できれいに落として下さい。

クオカがおすすめする材料・道具など

材料

フランスパン用準強力粉(ソレドォル)1kg
フランスパン用準強力粉(ソレドォル)1kg
 

道具・ラッピング

マーブル台30×40cm
マーブル台30×40cm
黒柄ピザカッター
黒柄ピザカッター
VICTORINOXキッチンばさみ
VICTORINOXキッチンばさみ
Matfer刷毛3cm
Matfer刷毛3cm
 
チェックした商品を
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。

 
お菓子レシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
Facebook twitter mixi

新着特集

  • new
    ガレット・デ・ロワの楽しみ方

    近年、日本でも知られてきたガレット・デ・ロワは、フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子です。

  • new
    冬のパンレシピまとめ18選

    冬に食べたくなるあつあつがおいしいパンやほっこり和素材を使ったパン、寒い時期にもおすすめのドライフルーツやスパイスの効いたパンレシピをご紹介します。

人気特集ランキング

  • nbsp;
    ヨーロッパのお菓子レシピ20選

    フランスを中心に、ヨーロッパ各地には魅力的なお菓子がたくさんあります。多種多様なレシピの中には、その土地ならではの特長や歴史的な特色があるものも。

  • nbsp;
    パウンドケーキの失敗しない作り方

    目指すは、口どけが良くしっとりした食感と、こんもり膨らんだかわいらしいフォルム!

  • nbsp;
    基本のモンブランの作り方-動画で学ぶ絞り方のコツ

    基本の作り方のポイントを分かりやすくご紹介。また、絞り方のコツも動画でお教えします。

  • nbsp;
    憧れのMatfer型で作る 秋の実りのパウンドケーキ

    シャープで高さのある美しい姿と、外は香ばしく中はふんわりしっとりの焼き上がりに、きっと感動するはず!

  • nbsp;
    シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ

    基本レシピのポイントをおさえながら、シフォンケーキ作り成功のコツを分かりやすくご紹介します。

  • nbsp;
    シュトーレンの作り方とタイプ別レシピ7選

    ここ数年人気上昇中のシュトーレン。味わいや難易度、形もさまざまなシュトーレンレシピと、必要なアイテムをわかりやすくまとめました。

  • nbsp;
    シュトーレンの作り方とタイプ別レシピ7選

    お好きなドライフルーツとかわいい瓶で、あなただけのとびきりおいしい漬け込みフルーツを作ってみませんか。

  • nbsp;
    これぞ決定版レシピ 基本のベーグル

    初心者さんでも簡単に作れるベーグルのきほんの作り方からアレンジ方法、強力粉の選び方までご紹介します!

  • nbsp;
    本格タルトの作り方-失敗しない!基本とコツ?

    成功するための基本の作り方と、失敗しないためのコツをご紹介します。

  • nbsp;
    知りたい!ゼラチン・アガー・寒天の違い

    暑い時期に大活躍のゼラチン・アガー・寒天の違いや固まる温度など詳しくご紹介します。

  • nbsp;
    はじめてでも簡単!「成形パン」と「型焼きパン」の基本レシピ

    手ごねはハードルが高いけれど、成形してみたい、型で焼いてみたい方におすすめのレシピ

お得な情報

  • アウトレット

ページトップへ戻る