パンレシピ
お菓子レシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
チーズとローズマリーのリュスティック

チーズとローズマリーのリュスティック

  • 310分
  • 中級中級

※作業時間:5時間10分、発酵時間:12〜16時間

伝統的なバゲットを作るための小麦粉、ラ・トラディション・フランセーズと超硬水のコントレックス使って、生地を一晩熟成させて仕上げる本格的なハードブレッド。
香ばしいクラストに、もっちりしたクラム。アクセントのチーズとローズマリーの風味が絶妙に効いています。
ブーランジェリーのパンをおうちでも。できあがりに感動しますよ!ぜひ挑戦してくださいね。

仏産フランスパン用準強力粉(ラ・トラディション・フランセーズ)500g
仏産フランスパン用準強力粉(ラ・トラディション・フランセーズ)500g  648円(税込)
フランスの老舗製粉メーカー「MINOTERIES VIRON(ミノトリー ヴィロン)社」によって製造された、伝統的なバゲットを作るための小麦粉。パリのバゲットコンクールで栄冠に輝いた職人の多くが、この粉を使用しています。
クリーム色でもちもちとした弾力のある蜂の巣状のクラムと、香ばしいクラストのハーモニーがたまらないバゲットを、ご家庭で焼きあげることができます。
またクロワッサンやデニッシュなどのヴィエノワズリーにも最適です。
  • 印刷する
  • メールで送る
さじグラム換算表

材料

5個分
 仏産フランスパン用準強力粉(ラ・トラディション・フランセーズ)
250g
ゲランドの塩
5g
 safインスタントドライイースト(赤)
1g
120ml(A)
水(コントレックス)
35ml(B)
水(イーストを溶かす用)
20ml(C)
粉チーズ
20g
ローズマリー
1g
仕上げ用粉(強力粉)
適量
このレシピの材料を
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。


作り方

step1 step2 step3
1.〈生地〉
ボウルに水(A、B)と強力粉を入れ、粉っぽさがなくなるまで手で混ぜる。
2.まとまったらボウルから取り出し、台の上で生地がつながるまで練る(約1分)。
※手のひらの付け根を使い、台にこすりつけるようにして練ってください。
3.(2)を25℃くらいの室温で30分寝かせる。
※ボウルに生地を戻してラップ等をかけ、生地が乾かないように注意しましょう。
step4 step5 step6
4.水(C)でイーストを溶かし、寝かせた生地に入れてよく混ぜ、塩も加えてさらに混ぜる。
台の上に叩きつけて折り返す作業を約30回繰り返す(約2分)。生地がひとつにまとまり、表面がつるんとしたら終了。
5.ローズマリーを生地に加え、均一に混ぜ合わせる。 6.〈一次発酵〉
生地を丸くまとめ、とじ目を下にして、ボウルに入れる。表面が乾かないようにラップをかけて、25℃くらいの室温で20分寝かせる。
step7 step8 step9
7.〈パンチ1回目〉
生地の中央にパンチをし、あまり力を入れずに、生地の端を中央に寄せ集めるように折りたたむ。丸くまとめ、とじ目を下にしてボウルに入れ、(4)と同様にラップ等をかけて25℃くらいの室温で20分寝かせる。
8.〈パンチ2回目〉
(7)と同様にパンチをし、20分寝かせる。
9.〈パンチ3回目〉
(8)と同様にパンチをし、最後は60分寝かせる。
step10 step11 step12
10.〈冷蔵・生地温度の回復〉
(9)を冷蔵庫へ移し、ひと晩熟成させる。
※ステンレスではなくプラスチック製の容器で寝かせると生地の回復が早く、安定します。
11.ひと晩熟成させた生地を、ラップ等をかけたまま、25℃くらいの室温で60〜90分寝かせ、生地の中心温度を17〜20℃にする。 12.〈成形・分割〉
生地のガスが抜けないように、ボウルからそっと取り出し、25×25cmの大きさに手で少しずつ伸ばしていく。
step13 step14 step15
13.伸ばした生地の表面に、粉チーズを散らす。 14.生地を手前から半分に折りたたみ、端から斜めに分割していく。
オーブンの予熱を300℃でスタートする。
15.〈最終発酵・焼成〉
オーブンシートを敷いた板(天板の背など)に、間隔を空けて生地をのせる。
step16 step17 step18
16.霧吹きで表面を湿らせ、25℃くらいの室温で20〜30分寝かせる。生地の表面がふっくらし、触っても手に生地がついてこなければ完了。 17.表面に茶こしで粉をふり、クープナイフ(またはカミソリ)で中央に1本、左右に2本、葉脈のようにクープ(切りこみ)を入れる。
※ガスが抜けやすいので、表面や切り口をなるべく触らないように気をつけてください。
18.表面に霧を吹き、オーブンシートごと熱した天板に移して230℃に温度を落としたオーブンで20〜22分焼き上げる。焼き上がったら網などにのせ、あら熱を取る。
 
※商品内容や使用上・保存上の注意はあらかじめ各商品ページにてご確認ください。

 
お菓子レシピ
お料理レシピ
naturaレシピ
Facebook twitter mixi

新着特集

  • new
    冷やしておいしいレモンのお菓子レシピ

    いつものレシピもレモンを加えるだけで、甘みもすっきりキレのよい味わいになり、さわやかな香りで食が進みます。

  • new
    朝食スムージー&おやつフローズンレシピ8選

    ブレンダーに材料を入れてスイッチオン!フローズンドリンクや冷たいドリンクのレシピをご紹介します。

人気特集ランキング

  • nbsp;
    知りたい!ゼラチン・アガー・寒天の違い

    暑い時期に大活躍のゼラチン・アガー・寒天の違いや固まる温度など詳しくご紹介します。

  • nbsp;
    シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ

    基本レシピのポイントをおさえながら、シフォンケーキ作り成功のコツを分かりやすくご紹介します。

  • nbsp;
    パウンドケーキの失敗しない作り方

    目指すは、口どけが良くしっとりした食感と、こんもり膨らんだかわいらしいフォルム!

  • nbsp;
    寒天で作る、夏のきらきら和菓子レシピ7選

    ヘルシーな和素材として人気の寒天を使って、きれいで涼やかな和菓子を作ってみませんか?

  • nbsp;
    かんたんカワイイ!デコちぎりパンの作り方

    見て楽しい、分け合って食べておいしいデコちぎりパンに、パン作り初心者が挑戦!

  • nbsp;
    基本のジャムの作り方

    旬のフルーツのおいしさをぎゅっと閉じこめた、とっておきのジャムを作りませんか?

  • nbsp;
    夏のパン作りの大敵「過発酵」ってなに?どうやったら防げるの?

    夏本番を迎えて「あれ、なんだかパンの様子がいつもと違う...」と感じた方が多いのではないでしょうか?

  • nbsp;
    極上!手作りわらびもち 材料3種比較とレシピ6選

    つるるん、ぷるん。口に含んだ瞬間からのどを通っていく過程まで、上品な涼やかさを楽しめる、わらびもちがおいしい季節がやってきました。

  • nbsp;
    子どもと一緒に作る 夏休みのおやつレシピ

    自由研究みたいに学びながら作れる実験おやつや、縁日おやつ、時短おやつなどの夏休みにぴったりのレシピをご紹介します。

  • nbsp;
    新アイスクリームメーカーの使い方&おすすめアレンジ

    材料をセットするだけでアイスクリームが作れると人気のアイスクリームメーカーが、新しくなってさらに便利になりました。

お得な情報

  • アウトレット

ページトップへ戻る